2019春清里リトリート感想

  • 個性・個人のアイデンティティを大切にしながら、ワンネスにもつながるという可能性が見えました。
    これまで実践してきたこととぶつかるのではないかと最初心配したが、互いに補完できるもので、むしろ、あらためて自己・自分の個性を大切にしようと思え、癒されました。
    個人の可能性を広げながら、愛の意識を忘れず、ワンネス作り出していきたいという、ティムさんの情熱が伝わりました。
    今はもっと理解したい、知りたいと思っています。(まだわからないところが多くて)
    SOUL STORYを楽しみに読みます。
    レクチャーはおもしろかったです。刺激的でした。(笑)(60代 女性)
  • 愛と光の温泉にひたりっぱなしの4日間だった。
    でも、その湯加減は、のぼせてしまうことがない位のちょうどよさ。
    そして、そのお湯にひたりながら、その中に様々なK(=自分)がやって来ては去って行った。
    こわがりのKも、喜びのKも、人の目を気にしてびくびくするKも、胸がいっぱいになってしまって泣いてしまうKも。
    すべてのKは、等しくお湯の中で自由に自分を表現することを許されていた。
    お湯はどのようなKも拒絶しなかった。
    2年と少し前、自らの中から湧き上がった「自分と完全に和解したい」この熱い想いが少しずつ実現されてきたことが、私は素直に心から嬉しい。
    ふさわしい時にふさわしい人や状況にめぐり逢う奇跡を私自身の旅路の中で発見した。
    ティムは、まさしく私の親友だった。
    ティムのしていることは、私が職場で子どもたちにしようとしていることと同じ。
    いつも彼らのために私は何ができるのか。
    どうしたら彼らが喜んでくれるのか。
    どうしたら彼らがもっと安心して保育園での時間を楽しいと感じてもらえるのか。
    私はいつもそれを考えている。
    すると、時々ふっとアイディアがわいてきて、それを実行すると本当に子どもたちは喜び笑顔でいっぱいになる。
    それに触れると私もまた喜びでいっぱいになる。
    今回のリトリートで何よりも本当に驚いたのは、ティムの大きすぎる程の愛と寛大さだ。
    それは本の中でも感じたことだけれど、実際に会ってそれに触れたら、その大きさは山をも吹き飛ばしてしまうくらいだ。
    ティムの愛と寛大さは完全に鉛を金に変容させてしまうパワーがある。
    ティムこそが錬金術師だ。
    ティムに会えるまでの数ヶ月に起こったKのストーリーは、ハラハラドキドキ一見複雑にも思えたが、今ではただ愛だけで構成されていたことがよくわかる。
    ということは、これからもこの旅路において起こるすべてのことは、たとえどのようなストーリーであっても、ただ愛だけで構成されているのだから、起こっている最中に常にそれを意識できたらいい。
    愛だけで構成されていても、Kはその中で変わらずびくびくしたり、傷ついたり、嫌悪したりするだろうけれど、それは愛の中でもKの表現(ダンスのような)なのだということがわかるからOKだ。
    この絶対的な安心感こそ、私の求めていたもの。
    私は今、静かに穏やかに嬉しい。
    私の旅のプロセスは今からまた続いていく。
    “プロセスこそが目的” 私はこのワードが大好きだ。
    そして、ティムの次の文章を特に大事にしている。
    ・栄光なる欠点と共にただそれであるという理由でそのままのKを愛する。
    ・スピリチュアルな挑戦とは、高揚と痛みといった相反する要素を含むこの変容のプロセスに意志を持って入ってゆくこと。
    ・生きることをそのまま丸ごと愛すること、良いことも悪いことも、どちらも抱きしめる。深く愛することは、時として深く苦しむことでもある。
    「目覚めへの道を歩いている」これ以上の幸福があるだろうか。(60代 女性)
  • 自己紹介の時、自分の中から何かを引き出していただきたいとお願い致しました。
    ティムは、見事に奥深くに沈んでいた大量の愛を表面まで引き上げてくださいました。
    思う存分、惜しげなく使わせていただきたいと思っております。
    ティムさん、皆々様に感謝申し上げます。
    ティムさんの眼力があまりにも強く、気が付くと輪から離れ、引き寄せられていました。
    一生、忘れることはないと思います。(80代 女性)
  • 僕を幼児期に虐待した母を、最近受け入れて、認めて、深くわかることができた「ワォ体験」があった。
    全てが深い愛でどんなことでも無条件で受け入れられる自信ができた。
    この体験に導かれて、リトリートに参加して、もっと確実に深く愛せる自分を知った。
    この無条件の受容と愛を根底にして、いろんなことで苦しんでいる人々を受け止める自信ができた。
    以前は、はずかしがり屋でひっこみ思案な自分の変化にさらに驚いた。
    ティムに導かれた安心感に溢れたリトリートだった。(50代 男性)
  • 素晴らしい体験でした。
    ティムさん自身の多様な経験や学びから紡がれる言葉は、大いなる智慧を感じさせてくれます。
    これまでの過去が積み重なって、今の「私」が在ること、多彩な「個」を認め、その中で互いに愛情を持つこと、それらの実践は、時には容易で、時にはとても難しく感じるものですが、その容易な時も難しい時も含めて、その両面が真実であるというのは、とてもパワフルな真実でした。
    そして、その積み重ねていく過去の中に、このリトリートの経験が積まれたということは、
    今の私の中には、その時に感じた無条件の愛や裸の親密さが確かに在るということになります。
    また、ティムさんのオープンさから生まれる大きな身振りや表情からは、フレンドリーさが溢れ出ていて、とても楽しい雰囲気の中でワークを行うことができました。
    まだまだティムさんが伝えたいことは、いっぱいあると思うので、この先も聴く機会が得られることを願っています。(20代 男性)
  • 新しい出会いが人生を豊かにしてくれます。
    私との出会いは、私の財産となりました。
    多くの方々の出会いも、私を進化させてくれます。
    個の存在と、全体の中の個の存在の、両方が常にある!
    私も熟慮する人生を共々に皆さんと!(50代 男性)
  • 山川さんのブログを拝見し、ティムさんのことは何も存じあげず、申込みました。
    不純な動機でしたが、この決断で良かったです! 
    私の過去よ!ありがとう!!
    プログラムも食事も時間がきちんと決まっていて、きついかな、つらくなっちゃうかな、と考えていましたが、取り越し苦労!!
    来て良かった! 無事に来られて感謝でした!!
    ティムさんの温かくて、明るくて、少年のような笑顔!チャーミングで、So Cute♡
    スタッフさんたちの、細やかで、さわやかで、やさしい、心配りも嬉しかったです。
    通訳も「カタカナ言葉の日本語」だと分かりにくいこともあるはずなのに、「カタカナ英語な日本語」ではなく、日本語にする手間を惜しまず、きちんと訳してくださって、ありがたかったです。
    ♡ Special Night Dance & Fever ♡
    美しい装飾をありがとうございます。
    神聖で、静かで、教会?クリスマス?のような荘厳でやさしい空間でした!!
    「言葉を発さないゲーム」のような静かな安全な場所。
    音楽の種類もたくさんあって、まさに多様性! 
    曲ごとに雰囲気と気持ちが変化したの!!
    お一人お一人と対面するごとに、「頭に響く声」が違っていました。
    「愛しているよ」「大好きだよ」「美しいのだよ」「今までこわかったね」「この方とはネイティブアメリカンで一緒にいた!」
    最高!! 遊び心!! 子どものようにはしゃぐ!
    最高最善の時と場所で、美しい愛に触れ、お互いに癒し合えた氣がしています。
    Dance Timeも最高! 自由でオープンでexciting。 
    かわいらしくて。華やいで、軽やかで。おおらかで。
    この最高の夜を目指して、この「リトリートの階段」を登ってきたんだ! 
    初日から、見知らぬ方とHAG!は、きっと恥ずかしくてできなかったもんね。
    毎日、おいしいごはんと、広いお風呂に入り、皆さんと愛を分かち合えた!
    それだけで、初日にあまり体調の良くなかった私が元氣になれました!
    ありがとうございました!
    つながるって、こういうことだったんだ! このために生きてきたんだ! (40代 女性)
  • こういうリトリートの完成度は、お世話する方と通訳の方が、とても重要です。
    通訳の方の集中力、情熱、ティムを表現し、魂までも映す通訳に日々感動しました。
    ティムさんは、とても明るくて楽しい方で、それが、このリトリートによく現れていました。
    リラックスするという意識の切り替えがスムーズでした。
    何よりも、参加者が一体となる、このプログラムに癒された4日間でした。
    それにしても、あっという間に過ぎた4日間楽しかったです。
    本当にスタッフの皆さんはじめ、ティムさん、本当にありがとう。
    素晴らしいリトリートでした!
    ティムさんのスマイルは世界一!!
    皆さんも、ティムさんのように愛があふれてきました! (50代 女性)
  • 今回はどうもありがとうございました。
    ティムさんが全力で、私たちに伝えてくださり、開かれた愛と信念がたっぷりと伝わりました。
    また、実践・体験を通し、ティムさんが話されたことを体感・実践することができました。
    明快なユニビジュアル、パラロジカルの説明も納得できました。
    また、今回、参加の意図であった、自分に出会う、自分でいる、つながる、自分が他者に意識を向ける、あるいは、愛を送ることで、自分が明確になり、また、ティムさんやスタッフの方々による安全な場の基底が、自分でいることを保証してくださり、また、大きなものとのつながり、参加者の方々とのつながり、自分とのつながりも実感できました。
    通訳の雅子さんの、英語不明の私にも、実にクリアーで即時的な日本語にしてくださり、そこに、英語―日本語の落差のストレスを感じず、ティムさんのお話を受け取れたことも感謝しています。
    清泉寮のスタッフの方の気づかい、レストランの愛のあるおいしいお料理も、清泉寮の持つ心地良さをより心地よく、うれしいものにしてくださいました。
    英国から、熱い思いを全身で伝えてくださったティムさんや、皆さんに、深い感謝を送らせていただきます。
    ありがとうございました。(^-^)(60代 女性)
  • 精神世界や感情などの難しい表現を、わかりやすく通訳してくださった雅子さん、ありがとうございました。
    細部に渡り、スピリチュアル初心者の私にも、わかりやすく、理解が深まりました。
    まだ、理論は理解できたのですが、自分に当てはめたとき、混乱があるので、帰って実生活を通して学んだことを感じ、実践していこうと思います。
    宿泊先の設備やお食事、運営も完璧でした。
    細やかなお気づかい、ありがとうございました。(40代 女性)
  • 今回、たくさんのワークを受けて 、ほとんどしたことがあるようなものが多かったけど、そこにティムのオリジナルが入っていて、すべてのワークが不思議な初めての体験となりました。
    特に3日目の夜のワークは忘れられないものとなりました。
    この地球に生を受けて、どれだけの人がこんな体験をすることができるのだろうという気持ちになりました。
    自分はとてもラッキーであり、ティムにとても感謝しています。
    ティムのお話は新鮮で、初めて聞く言葉も多かったので、十分に理解していませんが、何度も聞くうちに、わかってくるのだろうと思い、それがまたとても楽しみです。
    ワンネスにあふれた体験ができるワークもまた新鮮で何故か涙があふれました。
    ほんとうに“ワォ”の体験をたくさんしました。(40代 女性)
  • お世話になりました。
    ありがとうございました。
    たくさんの感謝。
    人が夜空を見上げるのは、遠い、はるかな故郷(ふるさと)に想いを向けるから‥。
    中島みゆきは「僕たちは一瞬の星」と歌い、
    ある科学者は「人は星のかけら」と言い、
    愛しい人が亡くなると「星になった」と彼の星を探す。
    私たちの源はひとつ。
    また、出会えたことに感謝。
    ありがとうございます。
    出会いは出会いを生むのですね。
    これからの出会いも楽しみにしています。(60代 女性)
  • 私はもちろん、参加者の皆さんの愛がある環境が、とても居心地良かったです。
    普段の生活では、いろいろな感情が渦巻いていますが、この4日間は、いつもより、かなり穏やかに過ごせました。
    まだ目覚めにはほど遠いですが、このような機会をきっかけとして、近づいていけたらと思います。
    ティムさん、ありがとうございました。(40代 女性)
  • 4日間、とても楽しく、有意義な時間を過ごすことができました。
    ティムのリトリートの教えだけではなく、参加者の皆様からも、たくさんの教えをいただきました。
    思いきって参加して良かったです。(40代 女性)
  • この体験が、自分にとって、どんな意味を持つものなのか、分かるのには、もう少し時間が必要になるかと思います。
    ただ「ワンネス」ということが、どういうものなのか、感じることができた4日間でした。
    今まで会ったことのない人でも、少しの時間で、こんなにも深くつながることができるのかと驚きでした。
    それは、正に「わたしはあなた、あなたはわたし」で、皆が実はひとつでつながっているからなんですね。
    そのことが、こんなに瞬間的ともいえる、わずかな時間で実際に感じることができたのが驚きです。
    宇宙は皆、♡愛♡なんですね。
    本当にありがとうございました。
    とても素晴らしい体験でした!!!
    ありがとうございました。
    また、リトリートの運営も素晴らしかったです。
    本当にありがとうございました。(40代 女性)
  • とてもすばらしい体験をさせていただきました。感謝。(60代 女性)
  • ティムさんの笑顔と愛にあふれたリードで、安心して4日間過ごすことができました。
    ステキな体験ができました。
    特に、「I am」のワークと「指先を触れているワーク」が大好きです。
    音楽もとっても良かったです。
    どうもありがとうございました。(50代 女性)
  • ワンネスを、今までは頭で理解しようとしていたのだと、リトリートに参加して気づきました。
    ワンネスをもっと深いところで体験したような気持ちです。
    ダライ・ラマが映画の中で、「世界は波頭のようなもの。個々の事象は異なっているけれど、大海でつながっている」というようなことを言っていたと思うのですが、その大海のような、皆がつながっているということが、少し実感として感じることができました。
    セッションの後で、感想を皆さんが話されるのを聴けたことも良かったです。
    皆さんが話されるのを聴いているティムさんの姿に、私は神様を感じて、神とのワンネスを体験したような気持ちになりました。(70代 女性)
  • ワークはそれぞれよかった。
    昔ワークショップでやったものもいくつかあったが、20年30年ぶりにやれてよかった。
    一番の印象は最後の夜、愛から機能するし、恐れを不安からでなく、意識的に愛(自分の中の)とつながり、相手を包むということを実践的に行うことが、とても感動的な体験だった。
    一人ひとり初めての方にも短い時間でできるステキなスペースと導きをいただいて、熱い慈愛の涙が止まらなかった。
    ティムさん、遠くまでいらしていただき、熱意と愛をいっぱい、ありがとうございました。

    (中森 じゅあんさん)

  • 素晴らしい体験でした。(60代 男性)
  • ティムにお会いすることができて嬉しい!
    とても素晴らしい瞑想に誘導してくださり、初めて味わった感覚でした。
    自分には無理かなと、あきらめかけていましたが、ティムのおかげです。
    そして、ティムから、愛することを教えていただいたように思います。
    自分の中の何かを変えたいと思って参加した私ですが、沢山の気づきがありました。
    通訳をしてくださった方、ありがとうございます。
    とても素敵で、あの通訳があったからこそと思っております。
    全てにおいて大満足です。
    ほんとうに、どうもありがとうございました。感謝しております。
    皆様の上に、神さまの沢山の愛が注がれますように。
    また、お会いできる日を楽しみにしております。(50代 女性)
  • ティムの話は、本に書いてあることと、ほとんど同じだったけれど、参加者からの質問の答えなどで、本には書かれていない、より具体的な話が聞けて良かった。
    ワークでは、感動して自然と涙があふれたり、楽しくて笑ったり、すばらしい時間を過ごせた。
    ただ、日常に戻ったら、この感覚は忘れてしまうのだろうという思いも、心の片隅にあり、
    それについては、ティムも「そうならないように」という話をしていたので、忘れないように意識し続けようと考えている。
    また、すばらしい参加者の方々と出会い、今まで全く知らなかったような話を聞くことができたのも貴重な経験だった。
    快適に過ごせるように気配りされていて、食事も驚くほどおいしかったです。
    ありがとうございました。(50代 女性)
  • 導かれるままに、リトリートに参加しました。
    ティムのとても明るい笑顔とBIG LOVEの波動に触れ、その中で、3日目の夜のイースタースペシャルイベントなど、楽しいリトリートでした。
    ワークでは、ワンネスの愛や∞つながりを感じて、涙が自然と溢れ出るときもあり、いろいろな氣づきもありました。
    愛であり全体である真に目覚めた意識で在りながら、個としてのありのままの自分を愛して表現して、さまざまな現れを楽しめればと思います。
    ありがとうございました。(女性)
  • ティムさんのスタイル、私はとても好きです。
    これからもっと日本で広まれば良いなぁ。(女性)
  • 超久しぶりに、このようなセミナーに参加したが、参加して良かったです。
    ロケーション、料理、ティム、運営、通訳、それぞれが心地良いエネルギーで、とてもリラックスできました。
    色々と確認作業ができて、これからの可能性も感じられ、非常に有意義な3泊4日でした。
    通訳、最高!!でした。(60代 女性)
  • 最初は、自分だけ場違いな所に来てしまったのではないかと、少し不安があったのと(興味のない自分が、この場にいたら申し訳ない気持ち)、他の参加者の人たちの真剣な眼差しに圧倒されてしまって、少々居心地の悪さを感じている自分がいました。
    でも、色々なワークを経験していくうちに、自分の中にあるのに、ボンヤリしていて気づかなかった気持ちがクリアーになっていったり、たくさんの毎日の出来事、毎日接している人、あらゆるものに感謝の気持ちと愛情がわき上がってくる不思議な感覚にとらわれている自分に気づきました。
    日常、こんなふうに、ゆっくりと自分をふり返ったり、静寂の中で心を無にしたりすることがないので、今回のこの経験は、この先の毎日の生活の中にも応用できることがたくさんあって良かったです。
    ありがとうございました。
    For Tim
    Thank you for giving me a “Great experience!!”
    I am really really hoping to see you again someday soon!
    LOVE♡
    ONENESS♡(40代 女性)
  • A deep and tooting experience of conditions that were before only conceptual and theoretical.(40代 男性)
  • ティムのリトリートは、とても心穏やかに母共々、楽しく参加することが出来ました。
    参加されている方々の雰囲気も最初から今までとはまったく違うように感じました。
    3日目のイベントで自分の顔を鏡で見た時、穏やかな顔をした私が居たのです。
    最初1日目の頃はとても緊張していたと思うのですが、リトリートが進むと同時に、心が満たされて行くのを感じ、とても幸せでいっぱいの自分がそこにいました。
    また、私の過去を話したこともない方の一言に思わず、止めどなく涙があふれ出てきて、どうすることも出来ない自分がいました。
    過去32年間、泣くことも忘れて耐えてきた過去の自分の存在をその人は誉めてくれたのです。
    また、違う場面では突然、何ともいえない感情がハートから湧き上がってきてその瞬間、耐える事も出来ず涙があふれる自分がいました。
    突然、涙が溢れてしまうなんて、自分でもびっくりする出来事もありました。
    今回のリトリートは、一緒に参加された方々とのワンネス・一体感を体験してみたいと思って参加した自分でしたが、まだまだ、たくさんの体験を積み重ねる事が必要かつ大事かなぁ~と思いました。
    人それぞれ、同じペースで歩んでいるわけではないのも分かっているけれど、つい他の人と比べている自分が居て焦ってしまうんですよね~、他の人が出来ることが何で自分には出来ないんだろうとか考えてしまうんですよね。
    殆んどの方が一体感を感じている中で私だけがその一体感がよく分からないんですよね~。
    どんな感じなのだろう一体感って?????(笑) もう笑うしかないでしょう(笑)
    それでも何だかとても楽しかったです。
    最後は結構、弾けている自分が居たような…。
    ティムさんに感謝。感謝。(60代 女性)
  • 「ワンネス」を感じるためのリトリートと思い参加しましたが、結果、個としての自分の人生をより生き生きと幸せに生きることで、他者(全体)への愛(ワンネス)もさらに強くなっていくということを一番メッセージとして受け取った気がします。
    それはとても嬉しいことでした。 
    ティムさんのスタンスはとても明快で、わたしにはむしろとても自然で理解しやすく、目の前がサーッと開けるような清々しさがありました。
    清泉寮の環境もお食事も素晴らしく、そのことも嬉しいことでした。
    改めてリトリートに参加できたことが嬉しく、そして感謝をお伝えしたいです。
    新しい「令和」を迎えて、みんなでいい世界、いい時代を創っていきたいですね。
    そして一人一人がより幸せにパワフルにいのちを輝かせていけるといいですね。(50代 女性)
  • 愛だけがあった。
    ただ強烈に愛を体験した。
    思いっきり愛して、思いっきり愛された。
    性別も年齢も関係なく、愛して、愛された。
    愛がたっぷり循環していた。
    愛がいっぱい入ってきたし、いっぱい流れていった。
    相手と自分との境界線はなかった。
    全員と自分との境界線もなかった。
    愛だけがぐわんぐわんと流れていた。
    すべてがひとつで愛しかなかった。
    圧倒的真実だけがそこにあった。
    言葉では言い表し難い感動と深い深い満足感があった。
    こんな体験は他ではないよねって感じ。

    体験して帰って来てから気がついた。
    自分がこの世の至宝であったということに。
    僕はこれを完璧に忘れていた。
    衝撃。
    そしてもちろんすべての人もこの世の至宝だということ。
    価値に差なんかあるわけなくて、
    この世に生きるすべての人みんながみんな煌めく宝石のようだって感じられた。
    比べるなんて意味がないんだって感じた。
    目覚めている方が価値が高いなんて思って勘違いしていたよ。
    寝てても、起きてても関係なくみんな最高の価値がある宝石なんだ。
    素晴らしいし、いとおしい。
    そう感じた。
    自分がこの世の至宝で、
    すべての人がこの世の至宝で、
    この世に愛しかなくて、
    この世は愛で満ち溢れていて、
    もうなんにも要らないくらいしあわせなんだってこと。
    あとはリラックスして流れるままにいこうかなぁ~って感じ。
    あのリトリートで体験した愛こそがパーフェクト・アンサーだった。
    あれが答えだ。
    僕は答えを見つけた。
    僕のハートに灯りがともった。
    もう安心します。
    すべてを信頼します。
    今、このままですべて良し。
    安心して愛と感謝だけで生きていける。
    この世のすべてを、
    この世のすべての人を、
    自分自身のすべてを、
    爆発的に愛して生きていく。
    それが僕のしたいこと。
    そう思えた。

    このリトリートに参加できて本当に良かった。
    ありがとうございました。
    僕はしあわせです。
    みんな愛してるよ。
    ありがとう♡\(^o^)/ (50代 男性)

ワンネスの分かち合いへ戻る>>>