個を通してワンネスに目覚め、
ワンネスの愛を進化のプロセスにもたらしていく

それぞれの画像をクリックすると、画像がポップアップして拡大表示されます。

StarPeople vol.66

StarPeople vol.66

今この瞬間にも新しい可能性が出現する
イマージェント・スピリチュアリティ

世界中のスピリチュアルや哲学を研究し、これまでに30冊以上の本を上梓してきたティモシー・フリークさん。 新刊『Soul Story』では、科学とスピリチュアルを融合した独自の哲学を作りあげた。



精神世界は進化の過程で 生まれたひとつの次元

一一新刊『 Soul Story 』で、 ティモシーさん(以下、ティム)は、新たな哲学を作りあげたそうですね。

ティム  はい。私はこれまでに世界中のスピリチュアルを学び、科学も研究してきました。そしてその集大成として、科学とスピリチュアルをつなぐ新たな哲学を生み出しました。この概念については過去の著書でも触れましたが、『 Soul Story 』で大きく飛躍しています。そのキーとなるのが進化論です。
  これまでに進化は、三つの大きな段階を経てきました。まず、ビッグバンから始まる物質的宇宙の進化。次に、さまざまな生命形態の進化。そして、最終的に精神や魂という非物質次元の進化です。つまり、宇宙は水素というもっともシンプルな形から、今ここで喋っている “私”と“あなた”という状態まで進化を遂げたのです。
  私たちは五感を通して物質世界を感知しますが、魂や精神はまったく違うレベルに存在します。そしてまた、魂や精神、そこから生まれるイマジネーションをもって、この世界を作りあげることもできます。というのも、この世にあるものは、すべてイマジネーションを通して生まれるからです。誰かがこのコップをイメージしたから、こうして物質として作られた。このようにイマジネーションは、 物質世界と交流するのです。
 今、科学において非常に重要なワードはイマージェント( Emergent )、つまり出現です。 それは、進化の過程で、どんどん新しいものが出現してきたという考え方です。
  水が存在しない時代もありました。そして水素と酸素が結合して水が生まれました。生命がない時代もありました。そこに原初の細胞が生まれ、単細胞から多細胞へと進化し、知的生命体が生まれました。そして魂や精神という深い世界が出現し、哲学やストーリーが生まれました。これは単純な物質から非物質世界への進化を表します。そして今、この瞬間にも新しい可能性が出現しています。つまり、宇宙はクリエイティブなプロジェクトなのです。
 ですからこの哲学においては、時間への新たな理解も重要です。時間は過ぎ去っていくものではなく、集積していくということです。今この瞬間にも、このインタビューを受けるという私の決断や生命の進化、ビッグバン、過去のすべての瞬間が内在しているのです。スピリチュアルも時間と同様に、過去の集積の上に新しいスピリチュアルが今まさに出現しつつある。これを私はイマージェント・スピリチュアリティと名付けました。



個を通して覚醒することで次なる進化の道が開く

一一スピリチュアルは普遍的なものというイメージがありますが、そうではなく、それさえも進化しているのですね。

ティム  その通りです。なぜって、先人たちが物事を完璧に正しく理解していたとはいえないからですよ。たとえばアリストテレスは天才ですが、結構間違ったこともいっています(笑)。しかし、彼のおかげで後の世代が研究を進めることができましたから、私は彼を尊敬しています。でも、そこで立ち止まるわけにはいきません。
  物質的宇宙の進化には百億年かかりました。生命の進化には三十億年かかっています。ずっと速いですが、それでも遅いですよね? しかし今は魂レベルにおいて、もっともっと速い進化が起きているのです。



一一魂や精神が進化によって出現した次元だというのは、まったく新しい概念ですね。

ティム  そう、そして魂や精神があるからこそ、私たちはストーリーを体験することができます。伝統的なスピリチュアルな考え方は、生命に対して非常にネガティブですよね。私たちは何かの間違いによって、この幻の世界に堕ちてきたという考えです。そのため自分の個性を排除し、執着や感情、思考は悪いものとして捨て去るような感じがします。
  しかし、私は逆のことを提唱したい。そもそも最初は水素というあまり個性のないものから進化が始まり、より個性的な生命へとつながりました。それが魂をもつことへと至ると、“個” はますます強烈になります。だから私たちの個性は間違いではない。私たちは進化を通して最高のもの、もっとも素晴らしいものへと向かっている。
  それはこんなふうにも言えるでしょう。つまり私たちは神からやってきたのではなく、神に到達しようとしている。神とは、愛とワンネスのことなのです。



一一あなたはこれまでもエゴを認め、この世界でストーリーを体験することの重要性を説いていました。

ティム  その通り。魂、あるいは精神がストーリーを生み出すことを考えると、宇宙は水素からストーリーへと進化したといえます。ストーリーというものはおまけではなく、一番肝心なもの。たとえばコンピューターゲームは、基盤を見ればすべては0と1の世界ですが、ストーリーを0と1で表すことはできません。それではあまりにつまらないですよね?(笑)
  多くのスピリチュアルティーチャーがストーリーを否定しますが、私はそれこそが一番大事だといいたいのです。
  覚醒している人の数はまだまだ少ないですが、どんどん増えています。でも、覚醒するために個性を捨てる必要はありません。個を通して覚醒するのです。 Someone (何者か)になればなるほど、The one(一体性)に目覚めることができます。ワンネスに目覚めれば巨大な愛が芽生えます。その愛を、今度は進化のプロセスにもたらしていく。それが大いなる進化の次の段階だと思います。 

雑誌『StarPeople』vol.66 (ナチュラル・スピリット社)インタビュー記事より


ティム・フリーク「ワンネスに目覚める」清里リトリートについての詳細はこちら>>>?